Loading

BLOG

特別から得られるモノについて

今週のブログはパターン担当の山川がお送りします。
どうぞよろしくお願いします。

師走を迎え、何かと気ぜわしい毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
自分は先日、知人から神戸ファッション美術館で開催されている「祝祭の景色展」の招待券を頂いたので、
旅行も兼ねて見に行ってきました。

神戸ファッション美術館は、兵庫県神戸市東難区にある海上都市「六甲アイランド」に作られた
日本初のファッションをテーマにした美術館です。

今回の「祝祭の景色展」は「結婚式」をテーマに、
元Christian Diorのジョン・ガリアーノや桂由美さん、コシノヒロコさんなど、国内外の有名デザイナーに要る豪華なウェディングドレス、
また、インド・マハラジャ、韓国、インドネシアなど
世界各国の多様な婚礼衣装を、儀式の再現と共に紹介する企画展となっていました。

展示されている、いわゆる「ハレの日」に着る特別な服達は、
ジョン・ガリアーノのハンドプリーツがふんだんに施されたドレスや、
桂由美さんのビーズ刺繍が施された300ピースの花びらを繋ぎ合わせて作られたドレス、
コシノヒロコさんの墨絵を施した服など、
どれもアート性の高いデザインと、ハンドワークによる豪華な装飾で、
見ているだけでワクワク感があり、
「こういった特別な服を着ると、きっと特別な気分になるのだろうなぁ」と思いながら鑑賞していました。

自分は服について考える時、
このワクワク感というモノが大事なのではないかと思っています。
新しいモノやカッコいいモノ、素敵なモノを
目にしたり、手にしたり、身に着けたりする事で感じる、このワクワク感。

気に入ったモノを身に着けるだけで、いつもより背筋が伸び、自信が湧いて来る気がします。
自信が湧くと、そこからまたヨイショッと、
新しい1歩を踏み出してみよう、という気持ちになれる気がします。
服には人を前向きにする力があるのだと考えています。

特別な日の為に作られた服達を見て、そんなアレコレを考え直す機会となりました🍵

さてさて、
12月に入り真冬を思わせる寒さになって来ました。
自分は最近、新しい環境になったという事もあり、久しぶりに新しいアウターを買いました。
そろそろ着れる気温になって来たので、秘かにワクワクしています。
新しい服を着て、また新しい気持ちで師走の忙しさを駆け抜けたいと思います💨

寒さもこれからが本番です、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。
ではでは👋

私の散歩コース

フェリーにて

関連記事

  1. フェリーにて

    2022.12.12
  2. ~休日の一日~

    2022.10.31
  3. あけましておめでとうございます!

    2023.01.04
  4. 阿蘇の華かずらさんにお邪魔しました!

    2022.10.03
  5. 走ってきました!

    2022.11.15
  6. 夢のクチュリエ展へ

    2023.01.23
PAGE TOP